FX取引の節税方法

>

FX取引の課税を節約する方法

FX取引に対する課税ルール

FX取引で生じる収益は税法では雑収入、雑所得の分類です。
雑収入、雑所得に分類される収入は、個人が挙げた利益なので、個人で確定申告を行ったうえで、その収入に応じた税金を納める必要があります。

それではFX取引の課税ルールをご紹介いたします。
まず一番抑えておくべき事は「FX取引で、年間20万円以上の収入がある場合、申告分離課税として必ず納税しなければならない事です」
納税は、FX以外の収入がある場合でも、無い場合でも、関係なく納税が必要になります。

FX取引で年間20万円の収入がある場合となると、多くのFX取引を行っているユーザーが対象になるので注意が必要です。
FX取引を行うという事は確定申告も必ず行うと考えておくべきでしょう。

節税を行うには申告分離課税を理解しよう

節税をする為には何をすればよいかと言えば、実は「納税のルールを守って、正確に納税を行うのが一番の節税になる」と言うのが節税の常識となっています。
そこで、FX取引の収入に対する税である「申告分離課税」について学んで、ルールに乗っ取って節税をしましょう。
「申告分離課税」の特徴は3つあります。
『1』所得に関係なく、税金は一律所得の20.315%が課税の金額となる。
『2』他の収入となる、金融取引のと損益の合算が可能である。
『3』損が出た時は一定の期間繰り越しが行える。

上記について正しく把握しておくことで、損得に関わらず安全に節税を対策できるようになります。最初は大変ですが、しっかりと覚えておくようにしましょう。


この記事をシェアする